人間国宝無形文化財等、備前焼の有名作家による個性溢れる作品を一堂に展示しています。

 取扱作品

<< 戻る 買い物かごを見る


森本良信 作 「伊部六角酒盃」

森本良信 作 「伊部六角酒盃」

(商品No. 4491)
15,000 円(税込)

売約済

この商品のお問い合わせ

お気に入り登録

※ 送料、代引き手数料、全国一律無料 ( お支払・配送についてはこちら

■作品の特徴

優れた美的感覚を持ち、土と焼きと造りに於いて常に進化し続ける森本良信先生の新作伊部六角酒盃です。茶事の世界を表現したシリーズで茶懐石に用いられる格式の高い道具を備前流にアレンジしています。酒器の中でもとりわけ格式の高い「黄瀬戸六角酒盃」を伊部手で再現しており、まさに「クリエイティブな写し」らしい創造性豊かな発想から生まれた作品です。正面を決めしっかりと焼き込まれた黄胡麻は大変濃厚で見応えがあり、茶人の好みに適うよう磨き抜かれた作品性は華やかでいてディープな世界を持っています。伊部手の肌の色合いも冴え渡っており、単一の黒ではなく鉄釉のように様々な色を内包した深く奥行きのある色合いとなっています。

■作品の概容

共箱後日(発送までしばらくお時間がかかります)
径7.6cm×径6.8cm×高さ4.7cm

■作品画像

.森本良信 作 「伊部六角酒盃」 #1 .森本良信 作 「伊部六角酒盃」 #2 .森本良信 作 「伊部六角酒盃」 #3 .森本良信 作 「伊部六角酒盃」 #4 .森本良信 作 「伊部六角酒盃」 #5

※お客様のお使いのパソコン、使用時の環境等で写真と実物が若干異なる場合がございます。予めご了承下さいませ。

公開日時:2017-03-22

■作者(森本良信)について

森本良信先生は1976年、岡山県に生まれました。1996年備前陶芸センターを修了。フリーを経て、2004年東京にて初個展。以後毎年東京を中心として全国にて個展開催。2005年、2006年、2007年度田部美術館「茶の湯の造形展」入選。 2008年、東京・日本橋三越「現代作家酒器展」出品。2009年、東京・日本橋三越「現代作家茶碗展」出品。2010年、岡山・天満屋「森本良信 特集」など各地で個展を開催しています。


関連商品

 

▲このページの上へ