人間国宝無形文化財等、備前焼の有名作家による個性溢れる作品を一堂に展示しています。

 取扱作品

<< 戻る 買い物かごを見る


藤原 和 作 「備前ぐい呑」

藤原 和 作 「備前ぐい呑」

(商品No. 4501)
26,000 円(税込)

売約済

この商品のお問い合わせ

お気に入り登録

※ 送料、代引き手数料、全国一律無料 ( お支払・配送についてはこちら

■作品の特徴

人間国宝の祖父と父の下に生まれ、単純・明快・豪放の基本理念を守りながら、独自の造形を探求する藤原 和先生の極上の備前ぐい呑です。カセ胡麻のお手本のような見事な窯変を宿しており、冴え渡る緋色とキメ細かいカセ胡麻は早くお酒で満たしてくれと言わんばかりです。父である雄先生から受け継いだ藤原備前のお約束である正面と見込みの牡丹餅に加え、更におまけして脇にも緋色の抜けが現れており、そのどれもが熟れ柿のような見事に冴え渡る緋色となっており非常に豪華です。かなり幅広で深さもそれなりにある作りとなっておりたっぷりと酒が入りますが、見込みの緋色の濡れた際のあまりの美しさについつい呑み過ぎてしまいそうです。

■作品の概容

共箱(四方桟)
径8.7cm×径8.5cm×高さ5.5cm

■作品画像

.藤原 和 作 「備前ぐい呑」 #1 .藤原 和 作 「備前ぐい呑」 #2 .藤原 和 作 「備前ぐい呑」 #3 .藤原 和 作 「備前ぐい呑」 #4 .藤原 和 作 「備前ぐい呑」 #5 .藤原 和 作 「備前ぐい呑」 #6

※お客様のお使いのパソコン、使用時の環境等で写真と実物が若干異なる場合がございます。予めご了承下さいませ。

公開日時:2017-03-29

■作者(藤原 和)について

藤原 和先生は人間国宝の藤原 雄先生のご長男で、祖父は人間国宝の藤原 啓先生です。1980年から祖父と父に師事し陶芸を始められました。1988年に独立して1990年に初窯を焚いています。花器や食器を主に製作。作品ののびやかさが持ち味です。岡山、東京、京都、大阪など各地で個展を開いています。1994年に「備前藤原三代展」開催。2002年、日本学士会功労賞を受賞されました。2004年、茶道裏千家淡交会中国支部顧問に就任されました。2006年、陶心会会長に就任されました。


関連商品

 

▲このページの上へ