人間国宝無形文化財等、備前焼の有名作家による個性溢れる作品を一堂に展示しています。

 取扱作品

<< 戻る 買い物かごを見る


藤原 建 作 「備前宝瓶」

藤原 建 作 「備前宝瓶」

(商品No. 4533)
30,000 円(税込)

売約済

この商品のお問い合わせ

お気に入り登録

※ 送料、代引き手数料、全国一律無料 ( お支払・配送についてはこちら

■作品の特徴

豪放と緻密さを併せ持つ色褪せない名工 藤原 建先生の備前宝瓶です。一目で建先生と分かる程よい厚みの造形は、薄さ・軽さ・精緻さを競う宝瓶制作の中でも己が道を邁進しており頼もしさすら感じます。それでいて蓋と胴体の接合部は1mmのズレもなくピッタリと合わさり、名工の技の何たるかを圧倒的な説得力を持って教えてくれます。このような見事な技術により完成されていますが、それをひけらかすこと無く、あくまでも自分が愛する備前土を主役として打ち出しています。全体的に赤みの強い土味となっており、建先生らしい枯れた胡麻が土味を引き立てるという渋い景色が宝瓶によく似合っています。

■作品の概容

喜久代識箱(四方桟)
口含む径9.2cm×径8.0cm×高さ8.7cm

■作品画像

.藤原 建 作 「備前宝瓶」 #1 .藤原 建 作 「備前宝瓶」 #2 .藤原 建 作 「備前宝瓶」 #3 .藤原 建 作 「備前宝瓶」 #4 .藤原 建 作 「備前宝瓶」 #5 .藤原 建 作 「備前宝瓶」 #6 .藤原 建 作 「備前宝瓶」 #7 .藤原 建 作 「備前宝瓶」 #8

※お客様のお使いのパソコン、使用時の環境等で写真と実物が若干異なる場合がございます。予めご了承下さいませ。

公開日時:2017-04-21

■作者(藤原 建)について

藤原 建先生(1924〜1977年)は、1946年、叔父の藤原 啓先生のもとで陶芸を始められ、金重陶陽先生、金重素山先生にも師事されました。その後、鎌倉の北大路魯山人先生のもとで、食器の製作技術を学ばれ、1956年、独立して築窯されました。以後各種展覧会に連続入選をされています。1970年、近代的耐火レンガを使用して備前大窯を考案、築窯されました。1973年に県指定重要無形文化財保持者となりました。また勲五等瑞宝章を受章されました。次代を背負う備前の指導者として期待されていましたが、53才の若さでこの世を去られました。


関連商品

 

▲このページの上へ