人間国宝無形文化財等、備前焼の有名作家による個性溢れる作品を一堂に展示しています。

 取扱作品

<< 戻る 買い物かごを見る


金重有邦 作 「伊部酒呑」

金重有邦 作 「伊部酒呑」

(商品No. 4545)
50,000 円(税込)

売約済

この商品のお問い合わせ

お気に入り登録

※ 送料、代引き手数料、全国一律無料 ( お支払・配送についてはこちら

■作品の特徴

茶陶の巨匠 金重素山先生の三男で、不動の人気を誇る金重有邦先生の伊部酒呑です。様々な逡巡や煩悶を乗り越え、金重らしさと有邦という個の間で揺らぐ中で見つけ出した金重有邦としての答えが詰まった作品です。作品全体に共通することがまず個性を出しすぎず、かと言って無表情ではなくほんのりと有邦先生らしい色香が漂う仕上がりになっています。胴の造りなどは素山先生の酒盃とほぼ同様のシルエットながらより柔らかい膨らみを持ちたせており、口縁を見れば厚みをより抑えて端正に瀟洒に仕上がっています。メロンの表皮のような青緑色のカセ胡麻から蕩けるような紫蘇色が顔を覗かせており、酒精を優しく受け止め極上の饗宴が始まるでしょう。

金重有邦先生のブログ記事を見る

■作品の概容

共箱(四方桟)
径6.6cm×径5.8cm×高さ4.5cm

■作品画像

.金重有邦 作 「伊部酒呑」 #1 .金重有邦 作 「伊部酒呑」 #2 .金重有邦 作 「伊部酒呑」 #3 .金重有邦 作 「伊部酒呑」 #4 .金重有邦 作 「伊部酒呑」 #5 .金重有邦 作 「伊部酒呑」 #6 .金重有邦 作 「伊部酒呑」 #7

※お客様のお使いのパソコン、使用時の環境等で写真と実物が若干異なる場合がございます。予めご了承下さいませ。

公開日時:2017-05-01

■作者(金重有邦)について

金重有邦先生は無形文化財 金重素山先生の三男として生まれました。1975年から父・素山先生の下で陶技を学びました。1980年に独立、岡山で初個展を開きました。茶碗や水指、花入などの茶陶を中心に食器を制作。特に好きな茶碗では内の造形(見込み)を重視し、外側のバランスを追求しています。県展山陽新聞社賞受賞、茶の湯の造形展奨励賞受賞、淡交ビエンナーレ奨励賞受賞。2003年日本陶磁協会賞受賞。個展にも力を入れており、各所で開催されております。


関連商品

 

▲このページの上へ