人間国宝無形文化財等、備前焼の有名作家による個性溢れる作品を一堂に展示しています。

 取扱作品

<< 戻る 買い物かごを見る


相賀真志郎 作 「備前茶碗」

相賀真志郎 作 「備前茶碗」

(商品No. 4590)
55,000 円(税込)

売約済

この商品のお問い合わせ

お気に入り登録

※ 送料、代引き手数料、全国一律無料 ( お支払・配送についてはこちら

■作品の特徴

どこまでも真っ直ぐで骨のある作品を作り出す、相賀真志郎先生の新作備前茶碗です。掌にフィットしどこまでも使いやすさを追求した「柔」の造形と、一目で相賀先生と分かる強烈な「剛」の焼きが一体になっています。備前焼作家の中でもトップクラスと断言できる、強烈な焼き込みによる濃密な景色は、窯の豪炎同様に脳裏に焼き付くかのようです。堅く厚みのある桟切りを下地として辛子色の黄胡麻が展開しており、下地の桟切りの作用で胡麻がまるで水を含んで濡れているかのような独特の光沢感があります。焼きが強ければどうして単調になりがちな土味部分ですが、本作では蕩けるチョコレートのような土の濃淡が細かく切り替わっており見応えがあります。更に前述の通りの特徴が高台に集約されており、土の皺、光沢、桟切り、濃淡の変化、高台自体の意匠とが神がかり的なタイミングで一つになったと言えるでしょう。

■作品の概容

共箱後日(発送までしばらくお時間がかかります)
径12.4cm×径11.7cm×高さ9.9cm

■作品画像

.相賀真志郎 作 「備前茶碗」 #1 .相賀真志郎 作 「備前茶碗」 #2 .相賀真志郎 作 「備前茶碗」 #3 .相賀真志郎 作 「備前茶碗」 #4 .相賀真志郎 作 「備前茶碗」 #5

※お客様のお使いのパソコン、使用時の環境等で写真と実物が若干異なる場合がございます。予めご了承下さいませ。

公開日時:2017-06-02

■作者(相賀真志郎)について

相賀真志郎先生は1997年に岡山県立備前陶芸センターを卒業されました。2003年に寒風に完全地下式穴窯を築窯。また翌年2004年にも2基目となる半地下式穴窯を築窯し、作陶に励まれています。


関連商品

 

▲このページの上へ