人間国宝無形文化財等、備前焼の有名作家による個性溢れる作品を一堂に展示しています。

 取扱作品

<< 戻る 買い物かごを見る


島村 光 作 「備前酒呑」

島村 光 作 「備前酒呑」

(商品No. 4597)
50,000 円(税込)

売約済

この商品のお問い合わせ

お気に入り登録

※ 送料、代引き手数料、全国一律無料 ( お支払・配送についてはこちら

■作品の特徴

古来より続いてきた細工物というジャンルを独特の感性と創造力を持って継承する島村 光先生の備前酒呑です。細工師があえて酒呑を手掛けるにあたり、ただ轆轤を回して生まれたものではなく、細工師の矜持を感じさせる非常に細やかな仕事ぶりが感じられるものとなっています。宝瓶と対になる煎茶碗を思わせるシルエットとなっており、手捻りとは思えない非常に端正な造形は島村先生の技術の高さを感じさせてくれます。器面には島村先生自ら氷裂紋と命名された独特の刻紋を入れており、フリーハンドによる刻みの難しさと幾何学的図形を閃くセンスを併せ持つ島村先生だからこその景色となっています。

■作品の概容

共箱(四方桟)
径6.4cm×径6.1cm×高さ6.1cm

■作品画像

.島村 光 作 「備前酒呑」 #1 .島村 光 作 「備前酒呑」 #2 .島村 光 作 「備前酒呑」 #3 .島村 光 作 「備前酒呑」 #4 .島村 光 作 「備前酒呑」 #5 .島村 光 作 「備前酒呑」 #6 .島村 光 作 「備前酒呑」 #7

※お客様のお使いのパソコン、使用時の環境等で写真と実物が若干異なる場合がございます。予めご了承下さいませ。

公開日時:2017-06-07

■作者(島村 光)について

島村 光先生は1942年岡山県長船町生まれで、浪速短期大学絵画科卒業し独学で作陶を始めました。手びねりと型を駆使して細工物を制作しています。猫やスズメ、登窯、燃料の松割木など身近なものを題材にしたデザインが多いです。1978年に長船町に穴窯を築き独立されました。1992年に久々井の地に登り窯を築きました。東京、岡山、ニューヨークで個展を開催されています。2013年には備前市指定無形文化財の備前焼製作技術保持者に認定されました。


関連商品

 

▲このページの上へ