人間国宝無形文化財等、備前焼の有名作家による個性溢れる作品を一堂に展示しています。

 取扱作品

<< 戻る 買い物かごを見る


入江光人司 作 「備前手造宝瓶(龍摘み)」

入江光人司 作 「備前手造宝瓶(龍摘み)」

(商品No. 4680)
200,000 円(税込)

売約済

この商品のお問い合わせ

お気に入り登録

※ 送料、代引き手数料、全国一律無料 ( お支払・配送についてはこちら

■作品の特徴

細工師の長男として伊部に生まれ、備前宝瓶の第一人者として国内外を問わず多くのファンを魅了する入江光人司先生の備前手造宝瓶(龍摘み)です。入江先生の代名詞とも言える非常にボリューム感のある細工が特徴で、今にも天に昇りそうな程の力強い龍の姿は一度見たら忘れられない迫力があります。備前焼の細工宝瓶の第一人者らしいこだわりが随所にあり、腕や脚や尻尾などを書き込み彫り込みではなく全て立体的な造形としています。蓋部分を湖面に見立てた際には丁度龍が湖面から昇ろうとする格好となっており、龍が水面下部分で体を捻っている様子がありありと想像できます。鋭い爪や龍の体の巻き具合など、紐状の細工がのっぺりと作品に乗るのではなく、三次元的な動きを考慮した重厚精緻な細工は流石です。入江先生の窯の特徴である堅く焼き締まった重厚な紫蘇色に、鮮やかな黄胡麻と焦げが合わさり、焼成の面でも龍の細工にピッタリの迫力のある景色となっています。

■作品の概容

共箱(四方桟)
口含む径11.6cm×径9.8cm×龍部分含む高さ8.5cm

■作品画像

.入江光人司 作 「備前手造宝瓶(龍摘み)」 #1 .入江光人司 作 「備前手造宝瓶(龍摘み)」 #2 .入江光人司 作 「備前手造宝瓶(龍摘み)」 #3 .入江光人司 作 「備前手造宝瓶(龍摘み)」 #4 .入江光人司 作 「備前手造宝瓶(龍摘み)」 #5 .入江光人司 作 「備前手造宝瓶(龍摘み)」 #6 .入江光人司 作 「備前手造宝瓶(龍摘み)」 #7 .入江光人司 作 「備前手造宝瓶(龍摘み)」 #8 .入江光人司 作 「備前手造宝瓶(龍摘み)」 #9

※お客様のお使いのパソコン、使用時の環境等で写真と実物が若干異なる場合がございます。予めご了承下さいませ。

公開日時:2017-08-09

■作者(入江光人司)について

昭和14年、入江光人司先生は細工師の入江兼次先生の長男として伊部に生まれました。昭和46年に父の下で手技を習得されました。昭和52年、伊部に登り窯を築窯し独立されました。


関連商品

 

▲このページの上へ