人間国宝無形文化財等、備前焼の有名作家による個性溢れる作品を一堂に展示しています。

 取扱作品

<< 戻る 買い物かごを見る


屋代剛右 作 「備前角皿」

屋代剛右 作 「備前角皿」

(商品No. 4702)
8,000 円(税込)

売約済

この商品のお問い合わせ

お気に入り登録

※ 送料、代引き手数料、全国一律無料 ( お支払・配送についてはこちら

■作品の特徴

伊部の地にて備前焼に携わる事を夢見て下積み時代を過ごし、ついに伊部の地に念願の築窯を果たしてデビューした屋代剛右先生の備前角皿です。伊部の地に生まれ育ち、伊部の地に散っていった数々の陶工たちの作品に惚れ込み、備前焼を生涯の仕事と定めた屋代先生らしい直球勝負の備前焼です。伊部の風土の中で備前焼を手掛ける事に意味がある、と豪語する屋代先生らしい備前の花形である灰被り窯変の表現が見事です。備前焼の角皿のお手本のような作品で、一部炭化銀の出た灰被り窯変と、鮮やかながらもけれん味の無い緋色が素晴らしいです。全体的に程良い焼き込みで留められており、見た目の美しさと共に使い易さや清潔感と言った面でもしっかりと考えられています。

■作品の概容

紙箱
径24.8cm×高さ2.5cm

■作品画像

.屋代剛右 作 「備前角皿」 #1 .屋代剛右 作 「備前角皿」 #2 .屋代剛右 作 「備前角皿」 #3 .屋代剛右 作 「備前角皿」 #4

※お客様のお使いのパソコン、使用時の環境等で写真と実物が若干異なる場合がございます。予めご了承下さいませ。

公開日時:2017-08-26

■作者(屋代剛右)について

屋代剛右先生は昭和54年に北海道札幌市で生まれました。平成12年頃から備前市伊部の各窯元や作家の下で修行されました。平成28年9月に伊部の地に築窯し独立しました。


関連商品

 

▲このページの上へ