人間国宝無形文化財等、備前焼の有名作家による個性溢れる作品を一堂に展示しています。

 取扱作品

<< 戻る 買い物かごを見る


伊勢崎晃一朗 作 「黒角酒呑」

伊勢崎晃一朗 作 「黒角酒呑」

(商品No. 4713)
24,000 円(税込)

売約済

この商品のお問い合わせ

お気に入り登録

※ 送料、代引き手数料、全国一律無料 ( お支払・配送についてはこちら

■作品の特徴

人間国宝 伊勢崎 淳先生のご長男として生まれ、類まれなるセンスと巧みな造形力により備前焼界に新たな風を吹き込む伊勢崎晃一朗先生の黒角酒呑です。備前焼の土ものとしての特性を活かしながらも、自らのルーツの一つである木彫などのエッセンスを上手く取り入れて一目で晃一朗先生と分かるユニークな作品に仕上げています。晃一朗先生の十八番とも言える角型の造形で、轆轤成形の後に四方を押し固め、その後に箆で大きく肉を削ぎ落として制作されています。それぞれ腰周り、四角、四面それぞれに均等に箆を入れており、そのエッジ部分が丁度黒の塗り土が薄くなることで茶褐色の色合いとなっており、より洗練された雰囲気を作品に加味しています。各面毎に黒の窯変が多彩な変化を見せており、黄金の胡麻を始めとして、サファイアのような青いガラス質の窯変、自然釉の溜まりによる乳白色の窯変など、いつまで見ても飽きません。

■作品の概容

共箱(四方桟)
径5.3cm×径5.1cm×高さ7.0cm

■作品画像

.伊勢崎晃一朗 作 「黒角酒呑」 #1 .伊勢崎晃一朗 作 「黒角酒呑」 #2 .伊勢崎晃一朗 作 「黒角酒呑」 #3 .伊勢崎晃一朗 作 「黒角酒呑」 #4 .伊勢崎晃一朗 作 「黒角酒呑」 #5 .伊勢崎晃一朗 作 「黒角酒呑」 #6

※お客様のお使いのパソコン、使用時の環境等で写真と実物が若干異なる場合がございます。予めご了承下さいませ。

公開日時:2017-09-04

■作者(伊勢崎晃一朗)について

伊勢崎晃一朗先生は、人間国宝の伊勢崎淳先生のご長男として生まれました。伊勢崎家は備前焼の名門で、祖父に無形文化財の伊勢崎陽山先生、叔父は無形文化財の伊勢崎満先生で、自身も早くから陶芸を志してきました。1994年に東京造形大学彫刻科を卒業後、アメリカに留学。ニューヨーク市在住の陶芸家、ジェフ・シャビロ氏に師事して約2年間陶芸を学び、美術や陶芸の視野を大きく広げました。2000年に帰国後、父の弟子達と共に指導を受け修業に励みました。2002年に田部美術館茶の湯展に初出品、初入選しています。


関連商品

 

▲このページの上へ