人間国宝無形文化財等、備前焼の有名作家による個性溢れる作品を一堂に展示しています。

 取扱作品

<< 戻る 買い物かごを見る


屋代剛右 作 「備前徳利」

屋代剛右 作 「備前徳利」

(商品No. 4724)
9,000 円(税込)

売約済

この商品のお問い合わせ

お気に入り登録

※ 送料、代引き手数料、全国一律無料 ( お支払・配送についてはこちら

■作品の特徴

伊部の地にて備前焼に携わる事を夢見て下積み時代を過ごし、ついに伊部の地に念願の築窯を果たしてデビューした屋代剛右先生の備前徳利です。伊部の地に生まれ育ち、伊部の地に散っていった数々の陶工たちの作品に惚れ込み、備前焼を生涯の仕事と定めた屋代先生らしい直球勝負の備前焼です。田土を使用したやや小振りの徳利で、桃程度の大きさの胴に、金重 愫先生を彷彿とさせる短めの首が合わさっています。登窯でじっくりと丁寧に焼き上げる事で生まれるモスグリーンのカセ胡麻は、金重一門にも通ずるキメ細かさと美しい発色を見せており、15年以上下積みを経験した屋代先生の窯焚きの上手さが分かる仕上がりとなっています。コロリとした掌に収まりの良い造形に極上の緋色とカセ胡麻が合わさり、掌の中で楽しみながらじっくりと育てて行きたくなる作品となっています。

■作品の概容

共箱後日(発送までしばらくお時間がかかります)
口縁3.3cm×胴径8.5cm×胴径8.3cm×高さ10.5cm 容量240cc

■作品画像

.屋代剛右 作 「備前徳利」 #1 .屋代剛右 作 「備前徳利」 #2 .屋代剛右 作 「備前徳利」 #3 .屋代剛右 作 「備前徳利」 #4 .屋代剛右 作 「備前徳利」 #5

※お客様のお使いのパソコン、使用時の環境等で写真と実物が若干異なる場合がございます。予めご了承下さいませ。

公開日時:2017-09-13

■作者(屋代剛右)について

屋代剛右先生は昭和54年に北海道札幌市で生まれました。平成12年頃から備前市伊部の各窯元や作家の下で修行されました。平成28年9月に伊部の地に築窯し独立しました。


関連商品

 

▲このページの上へ