人間国宝無形文化財等、備前焼の有名作家による個性溢れる作品を一堂に展示しています。

 取扱作品

<< 戻る 買い物かごを見る


金重多門 作 「備前ぐい呑」

金重多門 作 「備前ぐい呑」

(商品No. 4893)
17,280 円(税込)

売約済

この商品のお問い合わせ

お気に入り登録

※ 送料、代引き手数料、全国一律無料 ( お支払・配送についてはこちら

■作品の特徴

金重 愫先生を父に持ち、厳しい陶芸の道の中で己を磨き続ける金重多門先生の新作備前盃です。今回の窯焚きでは前回よりも灰被りよりも、カセ胡麻を重点的に採るように狙われたそうです。その為、父である愫先生とも共通する円山窯の特徴である、やや水色掛かった美しいカセ胡麻が作品全体を彩っています。造形ではどこか祖父の素山先生を思わせる造形となっており、ゆったりと広がった胴と引き締まった高台の緩急が面白いです。

■作品の概容

共箱後日(発送までしばらくお時間がかかります)
径8.6cm×径7.7cm×高さ5.0cm

■作品画像

.金重多門 作 「備前ぐい呑」 #1 .金重多門 作 「備前ぐい呑」 #2 .金重多門 作 「備前ぐい呑」 #3 .金重多門 作 「備前ぐい呑」 #4 .金重多門 作 「備前ぐい呑」 #5

※お客様のお使いのパソコン、使用時の環境等で写真と実物が若干異なる場合がございます。予めご了承下さいませ。

公開日時:2018-01-10

■作者(金重多門)について

金重多聞先生は昭和52年に岡山市で生まれました。平成12年に慶應義塾大学商学部を卒業されました。平成16年に父である金重 愫先生のもとで陶芸の道に入られました。平成23年に岡山天満屋で個展を開催されました。


関連商品

 

▲このページの上へ