人間国宝無形文化財等、備前焼の有名作家による個性溢れる作品を一堂に展示しています。

 取扱作品

<< 戻る 買い物かごを見る


柴岡 守 作 「備前徳利(酒器セット)」

柴岡 守 作 「備前徳利(酒器セット)」

(商品No. 4901)
18,000 円(税込)

売約済

この商品のお問い合わせ

お気に入り登録

※ 送料、代引き手数料、全国一律無料 ( お支払・配送についてはこちら

■作品の特徴

柴岡一海先生の次男として伊部に生まれ、焼締陶らしい窯変の変化を追求する柴岡 守先生の備前徳利(酒器セット)です。柴岡先生が得意とする金彩緋襷の出た酒器をセットにした作品です。器全体にまるで薄くプラチナを塗ったかのようで、青銀に輝く肌にまるで銅のように輝く緋襷が掛けられています。奇抜な窯変とは裏腹に器自体はベテラン作家らしいオーソドックスなスタイルとなっており、美しい金彩を肴にゆっくりと酒を楽しむことが出来ます。

■作品の概容

共箱(二方桟)
徳利 口縁3.7cm×胴径9.1cm×胴径9.1cm×高さ14.0cm 容量 約410cc
酒呑 径6.3cm×径6.3cm×高さ5.5cm

■作品画像

.柴岡 守 作 「備前徳利(酒器セット)」 #1 .柴岡 守 作 「備前徳利(酒器セット)」 #2 .柴岡 守 作 「備前徳利(酒器セット)」 #3 .柴岡 守 作 「備前徳利(酒器セット)」 #4 .柴岡 守 作 「備前徳利(酒器セット)」 #5 .柴岡 守 作 「備前徳利(酒器セット)」 #6 .柴岡 守 作 「備前徳利(酒器セット)」 #7 .柴岡 守 作 「備前徳利(酒器セット)」 #8 .柴岡 守 作 「備前徳利(酒器セット)」 #9 .柴岡 守 作 「備前徳利(酒器セット)」 #10 .柴岡 守 作 「備前徳利(酒器セット)」 #11 .柴岡 守 作 「備前徳利(酒器セット)」 #12 .柴岡 守 作 「備前徳利(酒器セット)」 #13

※お客様のお使いのパソコン、使用時の環境等で写真と実物が若干異なる場合がございます。予めご了承下さいませ。

公開日時:2018-01-18

■作者(柴岡 守)について

柴岡 守先日は1952年に柴岡一海先生の次男として伊部に生まれました。高校卒業後に、年任官の会社勤めを経て父と兄の柴岡信義先生に弟子入りしました。1973年に独立し、1982年に現在地に築窯されました。1983年には日本工芸会の正会員となられました。


関連商品

 

▲このページの上へ