人間国宝無形文化財等、備前焼の有名作家による個性溢れる作品を一堂に展示しています。

 取扱作品

<< 戻る 買い物かごを見る


伊勢崎 満 作 「伊部八寸皿」

伊勢崎 満 作 「伊部八寸皿」

(商品No. 4965)
36,000 円(税込)

来店して実物を見る

FAXで注文する

この商品のお問い合わせ

お気に入り登録

※ 送料、代引き手数料、全国一律無料 ( お支払・配送についてはこちら

■作品の特徴

備前焼を愛し備前に多大なる貢献をした名工、伊勢崎満先生の伊部八寸皿です。平成16年頃の陶歴書が同封されており、満先生が亡くなられる少し前に作られた登り窯で焼成された貴重な作品です。土の芯から冴え渡るように鮮やかな緋色が出ており、伊勢崎一門らしいしっかりと焼き締められた緋色は見ても使っても楽しめます。丸い牡丹餅三つに挟むように緋襷を仕掛けており、細く伸びた襷が何とも枯れた風情を漂わせています。造りもオーソドックスで使いやすく、一般的な登り窯とは一味違った趣のある作品となっています。

■作品の概容

共箱(四方桟)
径22.5cm×径21.9cm×高さ6.7cm

■作品画像

.伊勢崎 満 作 「伊部八寸皿」 #1 .伊勢崎 満 作 「伊部八寸皿」 #2 .伊勢崎 満 作 「伊部八寸皿」 #3 .伊勢崎 満 作 「伊部八寸皿」 #4 .伊勢崎 満 作 「伊部八寸皿」 #5

※お客様のお使いのパソコン、使用時の環境等で写真と実物が若干異なる場合がございます。予めご了承下さいませ。

公開日時:2018-03-02

■作者(伊勢崎 満)について

伊勢崎 満先生は1934年に無形文化財 伊勢崎陽山先生の長男として生まれ、幼少より父に陶技を習い岡山大学特設美術科彫塑を専攻されました。茶陶の本格派として桃山風の造形や土味、焼成を追及。作品によって登窯と中世の穴窯を使い分け、電気窯やガス窯は使わず、松割木による焼成にこだわられています。1964年日本工芸会正会員となり1974年には金重陶陽賞を受賞されました。1994年に山陽新聞文化功労賞、1998年第15回田部美術館大賞を受賞されました。同年3月県指定重要無形文化財保持者に認定されました。2011年8月、77歳でお亡くなりになられました。
受賞歴・・・金重陶陽賞、岡山県文化奨励賞、山陽新聞賞、岡山日日新聞芸術文化功労賞、茶の湯の造形展大賞など多数/県展招待


関連商品

 

▲このページの上へ