伊勢崎 創 作 「備前葛手鉢」 ~備前焼専門卸小売店 川口陶楽苑~

人間国宝無形文化財等、備前焼の有名作家による個性溢れる作品を一堂に展示しています。

 取扱作品

<< 戻る 買い物かごを見る


伊勢崎 創 作 「備前葛手鉢」

伊勢崎 創 作 「備前葛手鉢」

(商品No. 4862)
22,000 円(税込)

来店して実物を見る

FAXで注文する

この商品のお問い合わせ

お気に入り登録

※ 送料、代引き手数料、全国一律無料 ( お支払・配送についてはこちら

■作品の特徴

無形文化財 伊勢崎 満先生の三男で、日本工芸会正会員として活躍されている伊勢崎 創先生の備前葛手鉢です。一目で伊勢崎一門と分かる赤みの強い土味が出ており、赤い土味が飴色や茶褐色に程良く変化しつつ爽やかで明るい土肌を形成しています。そこへお約束である緋襷が合わさることで、様々な赤みが一堂に介し、複雑に赤が折り重なった伊勢崎一門独特の景色を作り出しています。丁寧に結わえられた葛手の枯れ色も赤の土肌と非常に相性がよく、爽やかで明るい肌に程良いアクセントとなっています。

■作品の概容

共箱(二方桟)
径25.5cm×径23.0cm×葛手含む高さ16.3cm                    

■作品画像

.伊勢崎 創 作 「備前葛手鉢」 #1 .伊勢崎 創 作 「備前葛手鉢」 #2 .伊勢崎 創 作 「備前葛手鉢」 #3 .伊勢崎 創 作 「備前葛手鉢」 #4 .伊勢崎 創 作 「備前葛手鉢」 #5 .伊勢崎 創 作 「備前葛手鉢」 #6

※お客様のお使いのパソコン、使用時の環境等で写真と実物が若干異なる場合がございます。予めご了承下さいませ。

公開日時:2017-12-24

■作者(伊勢崎 創)について

伊勢崎 創先生は無形文化財 伊勢崎 満先生の三男です。1987年に岡山工業高校工業デザイン科を卒業し、山下譲冶先生に師事した後、1994年から父にも指導を受けられました。2001年に登り窯を築いて初窯を出し独立しました。ろくろ成形が主体で、綾線を生かした花器、扁壺など造形作品のほか、水指、茶入などの茶道具も手掛けています。県展県知事賞・奨励賞ほか、日本伝統工芸展、日本伝統工芸支部展、茶の湯の造形展に入賞しました。


関連商品

 

▲このページの上へ