人間国宝無形文化財等、備前焼の有名作家による個性溢れる作品を一堂に展示しています。

 取扱作品

<< 戻る 買い物かごを見る


小西陶古(陶蔵) 作 「古備前写し角徳利」

小西陶古(陶蔵) 作 「古備前写し角徳利」

(商品No. 4970)
22,000 円(税込)

売約済

この商品のお問い合わせ

お気に入り登録

  お支払・配送についてはこちら

■作品の特徴

名工 小西陶古先生の孫に生まれ、確かな技術に裏打ちされた独自の作品で多くの人々の心を掴む小西陶藏先生の古備前写し角徳利です。陶蔵先生がかなり若い頃に制作した作品で、小西陶古の銘となっています。古備前幕末期の定番商品である角徳利の写しとなっており、そこに小西陶古窯の魅力の一つである伝統的な桟切りをあしらっています。板を貼り合わせるようにして直方体の胴部を成形しており、歪みやズレの無い精緻な造形は流石陶蔵先生らしいです。角徳利のお約束である彫りもしっかりと入っており、繊細なタッチの竹の絵が二面に掛かるように描かれています。

■作品の概容

共箱(二方桟)
口縁4.5cm×胴径9.3cm×胴径9.3cm×高さ22.8cm

■作品画像

.小西陶古(陶蔵) 作 「古備前写し角徳利」 #1 .小西陶古(陶蔵) 作 「古備前写し角徳利」 #2 .小西陶古(陶蔵) 作 「古備前写し角徳利」 #3 .小西陶古(陶蔵) 作 「古備前写し角徳利」 #4 .小西陶古(陶蔵) 作 「古備前写し角徳利」 #5 .小西陶古(陶蔵) 作 「古備前写し角徳利」 #6

※お客様のお使いのパソコン、使用時の環境等で写真と実物が若干異なる場合がございます。予めご了承下さいませ。

公開日時:2018-03-07

■作者(小西陶古(陶蔵))について

小西陶蔵先生は、初代小西陶古先生の孫です。1970年に大学を卒業後、独学で作陶に励み、1971年から日本伝統工芸展に4回連続入選し、1974年に日本工芸会正会員になりました。1975年に築窯。翌76年に初窯を出しました。花器、食器、酒器、茶道具を制作。自分が生きている証を、ろくろや手びねり、たたらなどの技法を使って表現しています。1997年、備前焼パリ展出品。2003年岡山県文化奨励賞受賞。東京、名古屋など各地で個展を開いています。


関連商品

 

▲このページの上へ