人間国宝無形文化財等、備前焼の有名作家による個性溢れる作品を一堂に展示しています。

 取扱作品

<< 戻る 買い物かごを見る


金重素山 作 「ヒダスキ湯呑」

金重素山 作 「ヒダスキ湯呑」

(商品No. 5555)
110,000 円(税込)

来店して実物を見る

FAXで注文する

この商品のお問い合わせ

お気に入り登録

  お支払・配送についてはこちら

■作品の特徴

天才陶工と呼ばれた兄・金重陶陽先生の助手としてキャリアをスタートさせ、備前の名工として人々に愛される作品を手掛けた金重素山先生の緋襷湯呑です。金重素山先生が円山窯で制作された湯呑で、酒呑などに使用される土よりも更に粗目の土を使用しています。その為素山先生従来の緋襷作品よりも土肌の部分の黄色味が増し、緋襷は緋色から焦げ茶色へと近づいています。作品の隅々にまで気を配りつつ、それを感じさせないゆったりとしたリズムが特徴の素山先生らしい凛々しい造りの湯呑です。箱書きの字は晩年のものであり、後々に箱制作をしたものと思われます。(※使用感がややありますが汚れはありません、金重有邦先生鑑定済)

■作品の概容

共箱(四方桟)
径7.4cm×7.3cm×高さ9.2cm

■作品画像

金重素山 作 「ヒダスキ湯呑」 #1 金重素山 作 「ヒダスキ湯呑」 #2 金重素山 作 「ヒダスキ湯呑」 #3 金重素山 作 「ヒダスキ湯呑」 #4 金重素山 作 「ヒダスキ湯呑」 #5 金重素山 作 「ヒダスキ湯呑」 #6

※お客様のお使いのパソコン、使用時の環境等で写真と実物が若干異なる場合がございます。予めご了承下さいませ。

公開日時:2019-07-16

■作者(金重素山)について

金重素山先生(1909年〜1995年)は人間国宝金重陶陽先生の実弟で、1951年頃までは一緒に作陶されていました。桃山調の緋襷を得意とし、茶陶の第一人者と言われました。1964年岡山市東郊に円山窯を築窯、1966年電気窯による桃山調の緋襷を発表して反響を呼びました。1982年伊部に移り牛神下窯を築き、1983年県指定重要無形文化財保持者となりました。文化庁長官表彰、岡山県文化賞、勲四等旭日小綬章を叙勲されました。1995年に亡くなられました。


関連商品

 

▲このページの上へ