人間国宝無形文化財等、備前焼の有名作家による個性溢れる作品を一堂に展示しています。

 取扱作品

<< 戻る 買い物かごを見る


大岩智之 作 「備前酒呑」

大岩智之 作 「備前酒呑」

(商品No. 5658)
14,300 円(税込)

売約済

この商品のお問い合わせ

お気に入り登録

  お支払・配送についてはこちら

■作品の特徴

隠崎隆一先生の下で陶技を学び、待望のデビューを果たした大岩智之先生の備前酒呑です。自ら設計した穴窯を兵庫県上郡の地に築窯し、今回三度目となる窯焚きで焼き上げた新作です。大岩先生は強い焼き込みを狙って焼成されており、胡麻の上にさらに胡麻が流れて焼き重なっていく激しい景色を作り上げています。高温度帯を比較的長い時間キープする事で生まれる激しい窯変に魅力を感じる大岩先生らしく、限界まで焼き込んだ白い窯変がまるで砂漠に流れ込んだ雪のように黄胡麻と混じり合っています。器の外周ほぼ全てを窯変が飲み込んでいますが、シャープな筒型のフォルム故に形が崩れることがなく、凛とした立ち姿に収まっているのは流石です。見込みにも胡麻が流れ込んでおり、一分琥珀のようになって酒映りを良くしています。

■作品の概容

共箱後日
径6.2cm×6.0cm×高さ7.3cm

■作品画像

大岩智之 作 「備前酒呑」 #1 大岩智之 作 「備前酒呑」 #2 大岩智之 作 「備前酒呑」 #3 大岩智之 作 「備前酒呑」 #4 大岩智之 作 「備前酒呑」 #5

※お客様のお使いのパソコン、使用時の環境等で写真と実物が若干異なる場合がございます。予めご了承下さいませ。

公開日時:2019-10-26

■作者(大岩智之)について

大岩智之先生は昭和52年兵庫県神戸市に生まれました。平成16年備前陶芸センターを修了し、平成17年に隠崎隆一先生に師事しました。平成26年に独立しました。


関連商品

 

▲このページの上へ