人間国宝無形文化財等、備前焼の有名作家による個性溢れる作品を一堂に展示しています。

 取扱作品

<< 戻る 買い物かごを見る


屋代剛右 作 「伊部徳利」

屋代剛右 作 「伊部徳利」

(商品No. 5712)
9,000 円(税込)

売約済

この商品のお問い合わせ

お気に入り登録

  お支払・配送についてはこちら

■作品の特徴

伊部の地にて備前焼に携わる事を夢見て下積み時代を過ごし、ついに伊部の地に念願の築窯を果たしてデビューした屋代剛右先生の伊部徳利です。伊部の地に生まれ育ち、伊部の地に散っていった数々の陶工たちの作品に惚れ込み、備前焼を生涯の仕事と定めた屋代先生らしい直球勝負の備前焼です。登窯窯変の花形である灰被り窯変の中でもやや癖のあるマグマ窯変を出しており、赤みの強い下地を透過する形で銀色の灰被り窯変が輝いています。しかしただ強く焼いただけではなく、底部は土物らしい素朴な表情を見せており、ホロホロと土が解けていくかのような切なげでケレン味のない表情を見せています。見る角度によって大きく印象が変わる徳利と言えます。屋代先生の備前焼が好きで好きでたまらないという朴訥な雰囲気がそのまま宿ったかのようなストレートならっきょう型も心に沁みます。(※やや土質が甘く長時間お酒を入れておくと染みる場合がございます)

■作品の概容

箱無し(共箱をご希望の場合はお見積りさせて頂きますのでお気軽にお申し付け下さい。)
口縁3.9cm×胴径9.4cm×9.4cm×高さ13.3cm 容量約350cc

■作品画像

屋代剛右 作 「伊部徳利」 #1 屋代剛右 作 「伊部徳利」 #2 屋代剛右 作 「伊部徳利」 #3 屋代剛右 作 「伊部徳利」 #4 屋代剛右 作 「伊部徳利」 #5

※お客様のお使いのパソコン、使用時の環境等で写真と実物が若干異なる場合がございます。予めご了承下さいませ。

公開日時:2019-12-14

■作者(屋代剛右)について

屋代剛右先生は昭和54年に北海道札幌市で生まれました。平成12年頃から備前市伊部の各窯元や作家の下で修行されました。平成28年9月に伊部の地に築窯し独立しました。


関連商品

 

▲このページの上へ