人間国宝無形文化財等、備前焼の有名作家による個性溢れる作品を一堂に展示しています。

 取扱作品

<< 戻る 買い物かごを見る


中村 真 作 「備前酒呑」

中村 真 作 「備前酒呑」

(商品No. 5926)
18,000 円(税込)

売約済

この商品のお問い合わせ

お気に入り登録

  お支払・配送についてはこちら

■作品の特徴

備前が誇る酒器の名工 中村六郎先生のご長男で、
酒器・食器作りで名高い中村 真先生の窯出しされたばかりの新作備前酒呑です。

6月に窯出しされたばかりの最新作で、窯の壁や燠との絶妙な位置取りによって、
作品の3分の2は緋色が鮮やかなカセ胡麻系の景色が出ており、
残りが灰被り窯変として焼き上がった珍しい酒呑です。

中村六郎先生から受け継がれてきた波打つような口造りが複数の呑み口を拵えており、
それによって持つ場所が変わることでガラリと景色も変わり飽きさせません。

しかしあくまでも作品の根底にあるのは中村家の緋色であり、
使用する際の変化の面白さや、育てる楽しみなどは変わらず存在しています。

見込み一面にも中村家らしい緋色が出ており、
お酒に濡れてより美しい色合いへと変化する為、
ついつい呑み過ぎてしまいそうです。

日本酒ファンから人気のある平型の造形となっており、
手取りの良さを楽しみながら酒の香りも豊かに広げてくれます。

■作品の概容

共箱(四方桟)
径8.6cm×8.5cm×高さ3.8cm 

■作品画像

中村 真 作 「備前酒呑」 #1 中村 真 作 「備前酒呑」 #2 中村 真 作 「備前酒呑」 #3 中村 真 作 「備前酒呑」 #4 中村 真 作 「備前酒呑」 #5

※お客様のお使いのパソコン、使用時の環境等で写真と実物が若干異なる場合がございます。予めご了承下さいませ。

公開日時:2020-07-06

■作者(中村 真)について

中村 真先生は1949年に中村六郎先生の長男として岡山県備前市で生まれました。

1971年からは父中村六郎先生の下で基礎から備前焼を学び、
土作りから作品制作の技術まで様々な修練を積まれました。

合わせて金重陶陽先生の窯焚きを学ぶため、金重道明先生の窯焚きを10年間手伝って薫陶を受けました。

その後、1975年に独立しました。

現在は酒器を中心に花器から食器まで幅広く制作されています。

東京、岡山、名古屋など全国各地で積極的に個展を開かれており、
息子の中村和樹先生との二人展なども開催されています。


関連商品

 

▲このページの上へ