人間国宝無形文化財等、備前焼の有名作家による個性溢れる作品を一堂に展示しています。

 取扱作品

<< 戻る 買い物かごを見る


市川 透 作 「グラス「Ray」」

市川 透 作 「グラス「Ray」」

(商品No. 5956)
31,570 円(税込)

売約済

この商品のお問い合わせ

お気に入り登録

  お支払・配送についてはこちら

■作品の特徴

隠崎隆一先生の下で学び、鮮烈なるデビューを果たした市川 透先生の窯出しされたばかりの新作グラス Rayです。

止め処無く溢れ出るアイデアを土という至高の素材を通して形にしていく市川先生らしい、
独創性に富んだ破格の作品となっています。

今回の新作は「Ray」と名付けられており、コスモロジカルをテーマに取り込み、
陶器を通じて「我々は何故生きるのか」という普遍の問いへと切り込んでいます。

これまでも太極図などの相克する絵図を作品に取り込んできた市川先生ですが、
作品全体がツートーンの釉薬がせめぎ合う構図となっています。

鮮やかな発色の群青色と水色が溶け合うような構図となっており、
更には青い釉薬の下地として銀彩を配する事で、
「Ray」のタイトル通り澄み渡る青空を想起させます。

作品全体に金色に施釉されたピースのようなものが散りばめられており、
まるで近くにあった金彩の作品が破裂して作品にくっついたかのようで、
市川先生の大胆な発想力に驚かされます。

■作品の概容

共箱(四方桟)
径8.5cm×8.2cm×高さ12.4cm

■作品画像

市川 透 作 「グラス「Ray」」 #1 市川 透 作 「グラス「Ray」」 #2 市川 透 作 「グラス「Ray」」 #3 市川 透 作 「グラス「Ray」」 #4 市川 透 作 「グラス「Ray」」 #5 市川 透 作 「グラス「Ray」」 #6

※お客様のお使いのパソコン、使用時の環境等で写真と実物が若干異なる場合がございます。予めご了承下さいませ。

公開日時:2020-08-05

■作者(市川 透)について

市川 透先生は東京都で生まれました。

2011年6月より岡山県指定重要無形文化財保持者の隠崎隆一先生に師事されました。

2015年1月に岡山県玉野市で独立されました。


関連商品

 

▲このページの上へ