人間国宝無形文化財等、備前焼の有名作家による個性溢れる作品を一堂に展示しています。

 取扱作品

<< 戻る 買い物かごを見る


安倍安人 作 「彩色備前酒呑」

安倍安人 作 「彩色備前酒呑」

(商品No. 6015)
200,000 円(税込)

売約済

この商品のお問い合わせ

お気に入り登録

  お支払・配送についてはこちら

■作品の特徴

古陶に対する深い見識と美的感覚を持たれ、
独自の研究と焼成により唯一無二の作品を創造する安倍安人先生の新作彩色備前酒呑です。

勝ち虫として古来より武人に好まれてきたトンボを正面に描いており、
金色に輝く太陽を背に悠々と飛行しているかのような大胆な構図となっています。

本作の金彩は非常に輝きの強いタイプとなっており、
磨き上げられた黄金のように光を放ち、
備前焼の肌と絵画的な世界が見事に融合しています。

側面と見込みには濃厚な芥子色の流れ胡麻が配され、
古備前ファンを唸らせてきた焼きで全方位から見ても楽しませてくれます。

また、今回は背面部分に最近のテーマの一つである、
プリミティブなタッチの太陽も描かれており、
大胆な彩色と緻密な構図が見事に一体となっております。

無釉焼締めとして確立された備前焼をキャンバスとして絵付けをするという、
非常に構成力と美的センスを問われる作業を高次元で達成されておりますが、
あくまでも難しい技術を成し得たことを誇るのではなく、
ただ作品そのものや、ふとした土肌の景色それそのものが大変に美しいですと感じます。

■作品の概容

共箱(四方桟・二重箱)
径6.8cm×6.0cm×高さ6.3cm

■作品画像

安倍安人 作 「彩色備前酒呑」 #1 安倍安人 作 「彩色備前酒呑」 #2 安倍安人 作 「彩色備前酒呑」 #3 安倍安人 作 「彩色備前酒呑」 #4 安倍安人 作 「彩色備前酒呑」 #5

※お客様のお使いのパソコン、使用時の環境等で写真と実物が若干異なる場合がございます。予めご了承下さいませ。

公開日時:2020-09-30

■作者(安倍安人)について

安倍安人先生は1938年に大阪府で生まれました。

若い頃から芸術家を志し、洋画家として活躍されていました。

洋画家として活躍する傍ら、趣味で陶器を集めていましたが現代備前に物足りなさを感じ、
自ら納得いくものを造るため1972年から陶芸を始められました。

茶器や花器を中心に、酒器などもよく制作されています。

古備前を始めとする古陶磁を研究されており、その理論を元にした造形や焼成は国内外で高い評価を得ています。

その功績が認められニューヨークのメトロポリタン美術館や台湾の故宮博物院に作品が収蔵されました。

東京、大阪、ニューヨーク、パリ、台湾など国内外で精力的に個展を開催されています。


関連商品

 

▲このページの上へ