人間国宝無形文化財等、備前焼の有名作家による個性溢れる作品を一堂に展示しています。

 取扱作品

<< 戻る 買い物かごを見る


市川 透 作 「酒呑「RayⅢ」」

市川 透 作 「酒呑「RayⅢ」」

(商品No. 6755)
46,200 円(税込)

来店して実物を見る

FAXで注文する

この商品のお問い合わせ

お気に入り登録

  お支払・配送についてはこちら

■作品の特徴

隠崎隆一先生の下で学び、鮮烈なるデビューを果たした市川 透先生の酒呑(ぐい呑) RayⅢです。

止め処無く溢れ出るアイデアを土という至高の素材を通して形にしていく市川先生らしい、
独創性に富んだ破格の作品となっています。

今回の新作は「RayⅢ」と名付けられており、コスモロジカルをテーマに取り込み、
陶器を通じて「我々は何故生きるのか」という普遍の問いへと切り込んでいます。

胎土の部分はごく僅かに黄色みが入ったバニラホワイトで、
仕上げに真珠層のような虹色に輝く透明釉を流し掛けており、
清潔感のある心地よい白色が主役となった景色を完成させています。

そこへ鮮やかなイエローとオレンジの2つの暖色系の釉薬が合わさり、
さらに仕上げには市川作品でお馴染みの金彩プラチナ彩が合わさることで、
ポップさとゴージャスさを併せ持つ見事な配色となっています。

内側にはパールホワイトの仕上げ釉によってまろやかな表情になっていますが、
そこへオレンジの釉薬を滴らせるなど市川ワールドを堪能できる仕上がりとなっています。

■作品の概容

共箱(四方桟)
径7.5cm×7.4cm×高さ7.2cm

■作品画像

市川 透 作 「酒呑「RayⅢ」」 #1 市川 透 作 「酒呑「RayⅢ」」 #2 市川 透 作 「酒呑「RayⅢ」」 #3 市川 透 作 「酒呑「RayⅢ」」 #4 市川 透 作 「酒呑「RayⅢ」」 #5

※お客様のお使いのパソコン、使用時の環境等で写真と実物が若干異なる場合がございます。予めご了承下さいませ。

公開日時:2022-10-25

■作者(市川 透)について

市川 透先生は東京都で生まれました。

2011年6月より岡山県指定重要無形文化財保持者の隠崎隆一先生に師事されました。

2015年1月に岡山県玉野市で独立されました。


関連商品

 

▲このページの上へ