人間国宝無形文化財等、備前焼の有名作家による個性溢れる作品を一堂に展示しています。

 取扱作品

<< 戻る 買い物かごを見る


金重道明 作 「伊部酒呑」

金重道明 作 「伊部酒呑」

(商品No. 7190)
50,000 円(税込)

来店して実物を見る

FAXで注文する

この商品のお問い合わせ

お気に入り登録

  お支払・配送についてはこちら

■作品の特徴

備前焼人間国宝の金重陶陽先生の長男として生まれ、
伝統の中に独自のセンスを盛り込んだ作風で万人を魅了した金重道明先生の備前酒呑です。

土味一色とでも言うべき景色かつ、特別な装飾などは何一つ施しておらずとも、
何故か遠目から見ても一目で道明先生と分かる独特の風格を備えた酒呑です。

金重陶陽先生の長男として生まれ、常人では耐え難い重圧を背負いつつ、
それでも一歩一歩着実に技を磨いてきた道明先生だからこそ可能な作風と言えるでしょう。

丹念に土作りを行うことでしか辿り着けない見事な土肌を持っており、
濃厚な紫蘇色が中心となった土味は香り立つような風情があります。

また、高台部分の十字に掛けられた緋襷も素晴らしく、
窯詰めとして必要な緋襷ではありますが最高のアクセントになっています。

一見すると本当に見落としてしまいそうな程に「寡黙」ですが、
本当に大事なものは何なのかという「金言」が詰め込まれた作品です。

■作品の概容

巖識箱(四方桟)
径6.3cm×6.3cm×高さ5.2cm

■作品画像

金重道明 作 「伊部酒呑」 #1 金重道明 作 「伊部酒呑」 #2 金重道明 作 「伊部酒呑」 #3 金重道明 作 「伊部酒呑」 #4 金重道明 作 「伊部酒呑」 #5 金重道明 作 「伊部酒呑」 #6

※お客様のお使いのパソコン、使用時の環境等で写真と実物が若干異なる場合がございます。予めご了承下さいませ。

公開日時:2024-01-17

■作者(金重道明)について

金重道明先生は1934年に金重陶陽先生の長男として伊部に生まれました。

1955年に金沢美術大学工芸科を卒業されました。

その後、父の金重陶陽先生に師事して陶芸の道へ進まれました。

水指花入などの茶陶の他、幾何学的な造形のオブジェや鉢なども手掛けられています。

国内の展覧会に加えて、海外の展覧会にも出品されていました。

1957年から朝日現代陶芸展に連続3回入選されました。

また、日展にも入選されるなど活躍の場を広げられました。

1960年にはアメリカ各地を陶芸視察されました。

1969年に日本工芸会正会員となりました。

1970年に金重陶陽賞を受賞されました。

1973年に一水会陶芸部委員に推挙され、1980年には日本陶磁協会賞を受賞されました。

1990年には岡山県指定重要無形文化財保持者に認定されました。

1995年に逝去されました。


関連商品

 

▲このページの上へ